悩み解決につながるかも?各種占い案内

手相について

手のひらにはその人の人生がすべて記されていると言われています。
それが手相です。

手相占いというものがありますが、雑誌やテレビなどで手相のことを解説しているものがあっても、手相の見方がイマイチ解らないという人は多いと思います。
手のひらにはいくつもの線があり、どの線がどういった意味を持っているのかということを見極めるには、それなりに勉強が大切と言われています。
適齢期の人が気にするのが自分の恋愛に関することだと思います。
結婚に関することがわかる線というのは小指の付け根より下にある横線で見ると言われています。
その線がどの位置にあるのかということで年齢を判断し、その本数で結婚の回数をあらわしていると言われています。
たとえば、線が一本しかないという人の結婚は一度であるとされ、三本など複数ある人はその本数だけ結婚を繰り返すと言われています。
また、手のひらの中心部分にある太く長い線は運命線といわれています。
その線がどこまで延びているのかということで、寿命を占うといわれています。
長ければ長いほど、長生きするといわれています。
他に、才能を示す線などもありますが、そういった線は見方が難しいため、興味のある人は専門の人に見てもらうと良いと思います。
自分の手相のことを知りたい場合は、書物などで図を見ながら自分なりに判断するのも良いと思いますが、その図のまま、自分の手相があるというわけではないので、自分の手相がどれに該当するのか解らないということもあると思います。
そのため、自分で判断するのではなく、手相占いを専門にしている占い師の人に見てもらうと良いと思います。
韓国は美容整形というものが多くおこなわれている国として有名ですが、韓国では手相までも整形する人がいるようです。

手相の線ひとつで運命の善し悪しというのが判断されますので、良い線というのを手のひらに作るという手術をするようです。

たとえば、生命線が短い場合は、長くなるように長く線を作るというものです。

その線をつくったことで本当に運命というものが変わるのかどうかはわかりません。
そもそも、手相というのが本当に運命を示しているのかということさえも解りません。
ただの占いに過ぎないというとそれまでですが、良い線を自分は持っているというだけで、人生を前向きに生きていくことができます。
ちょっと興味本位で、という気持ちででも、手相を占ってもらうと思わぬ良い結果が出るかもしれません。

Copyright (C)2017悩み解決につながるかも?各種占い案内.All rights reserved.