悩み解決につながるかも?各種占い案内

血液型占いとは

日本人は何かと血液型を気にする民族だといわれています。
その理由のひとつには、血液型占いがあり、大きな影響を与えているからだと思います。
血液型は一般的なものでは四種類ありますが、たとえば欧米人の場合はO型の人が大変多いことから、血液型の違いというものを意識するという人がいないと言われています。
ですが、日本人にはその四種類すべてがある一定の割合で存在していることから、血液型による違いというものを意識されるようになったといわれています。
昔から日本には血液型占いというものが言われており、多くの書物も刊行されています。
現在でも血液型占いの人気というのは高く、若い人から年配の人まで多くの人がその結果をなかば信じて生きています。
そのため、家族や友達、または会社の同僚の人でも血液型からその人の性格というものを判断する人が多いようです。

一般的にA型の人は真面目で几帳面と言われています。
仕事にも勉強にも真面目に取り組む勤勉な人が多く、そしておとなしい人が多いと言われています。
四種類の血液型の中で一番人口が多いといわれています。
B型の人は、変人が多いといわれています。
良いイメージがない場合が多く、自己中心的な行動をする人が多いといわれています。
O型の人は社交的で明るい人が多いといわれています。
親しみのある人が多く、交友関係も広い人が多いと言われています。
AB型の人は天才肌の人が多いといわれています。
何事にも完璧を求める場合が多く、自分に厳しい人が多いといわれています。
また、A型とB型が混ざっていることから二面性があるとも言われています。
このように、四種類の血液型にはそれぞれにイメージというものが定着してしまっていますが、そのイメージが必ずしも正しいとは言えません。
血液型によって性格が違っているということも、占いでそういわれているだけで、医学的な根拠というのはありません。
そのため、自分は一般的に言われているそのイメージとは違うという人もいると思います。
性格というのは育った環境などが一番影響するといわれているので、一概に血液型がそうだから、ということでは片付けられないものです。

血液型占いというのは、占いとして楽しむ分には良いですが、それが偏見であったり、人を差別してしまったりするものということになってはいけません。
血液型占いというのは単なる占いであるということを認識しておくことが大切だと思います。

Copyright (C)2017悩み解決につながるかも?各種占い案内.All rights reserved.